ファンズワース邸制作① モデリング編

目次


動画の取扱いと画質調整

 
 ARCHICAD-Learning.comではトレーニング、ツール・コンポーネントに数多くの動画を用意しています。PCで閲覧される方は動画の画質調整が可能です。


①敷地を作成する

 

テキスト

①-1. 敷地の作成

・[基礎下端]フロアを選択し、[メッシュツール]を用いる
・原点を囲むように、横40,000mm*縦30,000mm以上のメッシュを配置する
※原点を意識して配置すること


敷地データ
  • 高さ = 1,500mm
  • 配置フロアまでオフセット = 1,500mm

ツール参考


②フロアを設定する

 

テキスト
②-1. フロアの設定

・[デザイン]メニューの[フロアの設定]を用いる
・不要なフロアを削除し、各フロアの高度と階高を変更する


フロアデータ
  • 4番 最高高さ = 高度: 5,000mm, 階高: 0mm
  • 3番 RFL = 高度: 4,500mm, 階高: 500mm
  • 2番 2FL = 高度: 800mm, 階高: 3,700mm
  • 1番 1FL = 高度: 0mm, 階高 : 800mm
  • -1番 基礎下端 = 高度: -1,500mm, 階高: 1,500mm

③通り芯を配置する

 

テキスト

③-1. 通り芯の配置

・[デザイン]メニューの[通り芯設定]を用いる
・原点をスナップし、通り芯を配置する
※shiftキーを押しながら角度を固定すること


通り芯データ
  • 横軸間隔 Y1 = 0mm, Y2 = 7,000mm, Y3 = 9,000mm
  • 縦軸間隔 X1 = 0mm, X2 = 1,500mm, X3 = 6,000mm, X4 = 6,000mm, X5 = 6,000mm, X6 = 6,000mm, X7 = 1,500mm

ツール参考


④柱を配置する

 

テキスト

④-1. 低い柱の配置

・[1FL]フロアを選択し、[柱ツール]を用いる
・Y1軸とX2, X3, X4軸の交点、Y2軸とX2軸の交点に高さ700mmの柱をそれぞれ配置する

 

④-2. 高い柱の配置

・Y2軸とX3, X4, X5, X6軸の交点、Y3軸とX3, X4, X5, X6軸の交点に高さ4,400mmの柱をそれぞれ配置する


柱データ
  • 低い柱 高さ = 700mm
  • 高い柱 高さ = 4,400mm
  • 組み立て法 = 断面形状
  • 素材 = 鉄骨柱-H型鋼200*200*8*12
  • 表示フロア = 関連フロア全て
  • 材質上書き = ペイント – タイタニウムホワイト

ツール参考


⑤梁を配置する

 

テキスト

⑤-1[a]. 1階床水平フレームの配置

・[1FL]フロアを選択し、[梁ツール]を用いる
・配置フロアまで795mmオフセットし、水平フレームを配置する
※H型柱と接するように配置すること

 

⑤-1[b]. 2階床水平フレームの配置

・[2FL]フロアを選択する
・配置フロアまで695mmオフセットし、水平フレームを配置する

 

⑤-1[c]. 天井水平フレームの配置

・[RFL]フロアを選択する
・配置フロアまで-5mmオフセット、平面図表示フロアを[配置および1フロア上]に変更し、水平フレームを配置する

 

⑤-2[a]. 1階床梁の配置

・[1FL]フロアを選択する
・配置フロアまで795mmオフセットし、床梁を配置する

 

⑤-2[b]. 2階床梁の配置

・配置フロアまで695mmオフセットし、床梁を配置する

 

⑤-2[c]. 天井梁の配置

・[RFL]フロアを選択する
・配置フロアまで-5mmオフセット、平面図表示フロアを[配置および1フロア上]に変更し、天井梁を配置する


水平フレームデータ
  • 高さ = 300mm
  • 組み立て法 = 矩形
  • 素材 = BM-01 鉄鋼材
  • 幅 = 100mm
  • 材質上書き = ペイント – タイタニウムホワイト

梁データ
  • 高さ = 300mm
  • 組み立て法 = 断面形状
  • 素材 = 鉄骨梁-H型鋼300*300*10*15
  • 材質上書き = ペイント – タイタニウムホワイト

ツール参考


⑥スラブを配置する

 

テキスト

⑥-1[a]. 1階床スラブの配置

・[1FL]フロアを選択し、[スラブツール]を用いる
・配置フロアまで800mmオフセットし、スラブを配置する
※水平フレームの内側をスナップすること

 

⑥-1[b]. 2階床スラブの配置

・[2FL]フロアを選択する
・配置フロアまで700mmオフセットし、スラブを配置する

 

⑥-1[c]. 天井スラブの配置

・[RFL]フロアを選択し、スラブを配置する


スラブデータ
  • 厚さ = 310mm
  • 組み立て法 = 基本
  • 素材 = コンクリート
  • 材質上書き = タイル 白マット 15×15

ツール参考


⑦外壁を配置する

 

テキスト

⑦-1. ガラス外壁の配置

・[2FL]フロアを選択し、[壁ツール]を用いる
・水平フレームの基準線に沿って、右端から15,000mmの壁を配置する

 

⑦-2. 疑似フレームの配置

・[柱ツール]を用いて、ガラス壁のフレームを模する
・長手は3,000mm間隔、短手右側は2,900mm間隔で図のように配置する


外壁データ
  • 高さ = 2,700mm
  • 配置フロアまで下部オフセット = 695mm
  • 厚さ = 50mm
  • 素材 = ガラス-透明

疑似フレーム柱データ
  • 高さ = 2,700mm
  • 配置フロアまで下部オフセット = 695mm
  • 躯体寸法 = 100mm
  • ビルディングマテリアル = 一般
  • 材質上書き = ペイント – タイタニウムホワイト

ツール参考


⑧間仕切り壁を配置する

 

テキスト

⑧-1. 間仕切り壁の設定

・[2FL]フロアを選択し、[壁ツール]を用いる
・図のように、2,500mm間隔の部屋ができるように間仕切り壁を配置する


間仕切り壁データ
  • 高さ = 2,700mm
  • 配置フロアまで下部オフセット = 700mm
  • 素材 = BM-47 木材-2
  • 厚さ = 100mm

ツール参考


⑨建具を配置する

 

テキスト

⑨-1. 窓の配置

・[2FL]フロアを選択し、[窓ツール]を用いる
・図のように、短手右側外壁の中点に配置する
・TABキーで採光面を調整する

 

⑨-2. 玄関ドアの配置

・[ドアツール]を用いる
・図のように、短手左側外壁の中点にドアを配置する
・カーソルと[TAB]キーで開口方向と採光面を調整する

 

⑨-3. 各部屋ドアの配置

・図のように、各部屋の壁中点にドアを配置する


窓データ
  • ライブラリ = 一般 → 引違い
  • 壁開口幅 = 2,800mm
  • 壁開口高さ = 900mm
  • 壁下部から下端 = 30mm
  • 材質 = 枠: ペイント – タイタニウムホワイト、ガラス: シンプル

玄関ドアデータ
  • ライブラリ = 一般 → 両開き戸
  • 壁開口幅 = 2,100mm
  • 壁開口高さ = 2,700mm
  • 壁下部から下端 = 0mm
  • ドア材質 = 枠: ペイント – タイタニウムホワイト、ドア: ガラス – シンプル

部屋ドアデータ
  • ライブラリ = 一般 → 片開き戸
  • 壁開口幅 = 800mm
  • 壁開口高さ = 2,700mm
  • 壁下部から下端 = 0mm
  • ドア材質 = ドア: 木材 – カエデ ライト

ツール参考


⑩階段を配置する

 

テキスト
 

⑩-1. 1階階段スラブの配置

・[1FL]フロアを選択し、[スラブ]ツールを用いる
・最上段に3,000mm*350mmのスラブをフロアから640mmオフセットして作成、以降は-160mmの高度差をつけながら移動コピーする
・図のように、階段として配置したらグループ化する

 

⑩-2. 2階階段スラブの配置

・[2FL]フロアを選択する
・最上段に3,000mm*700mmのスラブをフロアから700mmオフセットして作成する
・上から二段目に3,000mm*350mmのスラブをフロアから560mmオフセットして作成、以降は-140mmの高度差をつけながら移動コピーする
・図のように、階段として配置したらグループ化する


階段データ
  • 厚さ = 50mm
  • 組み立て法 = 基本
  • 素材 = コンクリート
  • 材質上書き = タイル 白マット 15×15

ツール参考


⑪ゾーンを配置する

 

テキスト

⑪-1.ゾーンの配置

・[2FL]を選択し、[ゾーンツール]を用いる
・ゾーンを配置したい空間でクリックし、もう一度クリックすることでゾーンスタンプの位置を確定する
・ゾーンの名前やカテゴリ、モデルの色を変更し区別する
・ゾーンを配置したら面積表で確認する


ツール参考


⑫オブジェクトを配置する

 

テキスト

⑫-1. 家具・樹木・人物の配置

・[オブジェクトツール]を用いる
・ライブラリから家具・樹木・人物などを選択し、様々なオブジェクトを配置してみましょう


ツール参考


©2017 NIKKEN SEKKEI LTD. All Rights Reserved.
©2017 GRAPHISOFT JAPAN CO., LTD. All Rights Reserved.
©2017 TAKAGI SHUTA OFFICE LLC. All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?